2013年10月06日

ギリギリだな

機嫌が良い黒猫が一匹。
20131006 005.JPG
うふっ




えっと、これは・・・
何してるって言うのかな・・・
20131006 003.JPG
ばかだね、君。
箱に入ってるの!



箱に入ってる?
20131006 004.JPG
見ればわかるでしょ。ぷんぷん




確かに。
入っているようです。
20131006 006.JPG





みっちり、隅から隅までルウさん詰め合わせです。





banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。

















posted by のらのら at 16:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

夏から秋へ

今年も彼岸花が咲き、季節が変わったことを教えてくれました。
夏前の球根の株分けがへたくそだったのか、例年より本数が少ないです。


朝顔のこぼれ種から芽が出て一緒に咲いています。
20131001 002.JPG





10月はじめ、のんちゃんの命日を迎えました。
7年経ちましたがまだ数年前のことのよう。
がんばりやの最高にゃんこです。
200511131.jpg





数日続いていた雨が止んだので、今日は窓をいっぱいに開けたら・・・うわっ、ぷんぷん匂う匂う。
何かと思ったらこれでした。
20131006 002.JPG





窓の前のキンモクセイでした。
20131006 011.JPG





ルウさんもびっくり。
20131001 024.JPG
ふごっ (=◇=;)




キンモクセイは咲く寸前が一番強烈な香りです。





banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。
















posted by のらのら at 15:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

その後の仔猫(9月)

保護した仔猫、初めは片手で掴める位の大きさでしたが、あっという間に成長していきます。


ケージから出た仔猫は元気いっぱい。
生きていること、見るもの聞くもの触るもの、何もかもが楽しくてしかたがない、というような様子です。
大人猫、特にナムカくんとレンくんが替わりばんこにべーろべろべろ可愛がっちゃってびっくりしています。

20130831 049.JPG
ぺろ〜ん





大人猫は実によく面倒を見てくれて、私の出番はほとんどなし。

20130831 067.JPG
あれが花みずきでこれがセイヨウニンジンボク。
あっちに見えるのは鳩でそこに来たのがシジュウカラ。
ほおほお・・・
 




遊ぶのも怒るのも、たしなめるのも教えるのもやってくれます。

20130831 042.JPG
かくかくしかじか・・・
ほおほお・・・






私がするのはトイレの掃除とゴハンの支度で、たまに遊んでもらっています。
仔猫はなんでも大人猫の真似をするので面白いものです。

20130916 017.JPG
こうして伸びるとあっちの道路が見えるでしょ、
犬の散歩とか面白いよ。

ほおほお・・・


20130916 042.JPG
ぼくはね、ビルの反対側の道路の横の植え込みにいたんだよ、
そしたらでっかい手がにゅっと伸びてきて袋に入れられたんだよ。

ほおほお・・・





特にナムカくんは同じ地区の出身だけあってか?面倒見がすごくいいのでびっくりです。
仔猫は遊びにもケンカにも呆れるほどしつこいものですが、抱え込んで相手になってくれます。

20130916 066.JPG
君ってなかなか美味しいね。。。
ほおほお・・・






里親さんを探すのは中止しました。
2匹も3匹もいたら話は別ですが、たった1匹なのでもうこのまんまって (●´ω`●)ゞ・・・
私も色々考えてのことですが、仔猫を迎えるのは人生これが最後の最後です。

仔猫の名前は「大ちゃん」(ダイ)といいます。






banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。













posted by のらのら at 16:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

名無しの仔猫(8月)

 
保護した仔猫は下痢がひどく数日入院しましたが、元気になって我が家にやってきました。


里親さんを探すにしても、しばらくはケージ内で過ごしてもらいます。
名前は適当、「くろちゃん」とか「ちびちゃん」とか「おちび」とか「君」とか「ぼくちゃん」とか。
 20130831 026.JPG
がるるる〜 ♪
おもちゃって楽しい〜!
 



20130831 029.JPG
あれ?



 
20130831 021.JPG
でっかい黒いのがいる。
白いのもでっかい。。。



20130831 025.JPG
えっと〜・・・ 


 

20130831 019.JPG
みなさん、こんにちわ〜!




大人猫はみんな興味津々ですが、今は見るだけ。
20130831 024.JPG
じ〜・・・




20130831 046.JPG
じ〜・・・




20130831 013.JPG
じ〜・・・





見るだけ見るだけ。
(ももちゃんはまったく興味なしって感じでした ( ̄ω ̄))






banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。












posted by のらのら at 16:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

黒い仔猫(8月)

8月。
全国的にうだるような猛暑日が続きました。

東京都心部も毎日ギラギラの太陽、コンクリートの照り返しは半端なくアスファルトは熱を溜めこみ、オフィスからのエアコンの排熱などで人工的なむせかえるような嫌な暑さでした。
ヒートアイランド現象ってやつですね。


千代田区大手町は高層ビルが林立するオフィス街。
住宅が一切なく住民登録人口0人、という不思議な場所。

あるビルのエントランス、背の低い植え込みに小さな仔猫が一匹隠れていました。

20130831 001.JPG
↑ この植え込みの中






ビルの一角にある小さな緑のスペースはひとときの癒し空間。
ここでランチをする人(実は私も)、夕方になると休憩している人やちょっとビールなど飲んでる人がいます。
私がそこでお昼のお弁当を食べていると、隣のビルの建設現場に来ている茶髪の作業員の方が植え込みの中を何やらじっ〜っと覗き込んでいて、30センチ程の背の低い植え込みがガサガサっと動くのが見えました。

なんかいるのか〜!?(゜□゜)

思い切って作業員の方に声をかけたところ、小さな黒い仔猫がいたと言うのです。

えぇ〜っ!こんなところに。。。( ̄□ ̄;)!!


しばらく一緒に植え込みを覗き込んで探しましたが結局わからず。

でもね、
聞いてしまったからにはこのままほおっておくことはできません。
仕事のあと再度同じ場所で観察していると、暗くなった頃にようやく姿を確認しました。

既に暗いし目標物が黒いからわかりにくかったんですが、確かに
植え込みの中から・・・
小さな2つの目が・・・
じっとこちらを・・・
見ているじゃあ・あ〜りませんか!ヽ(;´Д`)ノ


猫譲渡会の搬送でお付き合いしている猫ボラさん(地域猫活動(TNR)のプロフェッショナル)に電話で相談しながら捕まえようと試みましたが、コンビニで買ってきた唐揚げをちょっと食べてはすぐ植え込みに潜ってしまうので、素手じゃ無理。結局その晩は保護することができませんでした。
(TNR:Trap(安全な捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return(元の場所に戻す)の意味)

警戒心マックス、腹ぺこりんちょ、炎天下をしのいでノドからから、飲みたい+食べたい+でもこわい+どうしよう、って感じですね。
運よく翌日は土曜日で仕事が休み、このビルも人の目が少ない、ということで早朝の首都高速をかっ飛ばして再チェックにいきました。
仔猫はまだそこに隠れていました。
カラスも気づいて数メートルまで寄ってきます。
a/d缶を置くと小さな目が出てきてすごい速さで食べて、また植え込みの中に隠れてしまいました。
どうやらたった一匹で、近くに兄弟や母猫がいる気配はありません。

この周囲は交通量の多い4車線やら6車線の道路に囲まれていて飲食店も地下ばかり、巨大なビル群と敷地内のわずかな緑しかありません。
小さな仔猫が大きな道路を渡ってくるはずもなく、母猫が咥えてきたとも考えにくいし、きっと心無いバカ野郎に捨てられたんだと思います。
どう考えても猫が生きていけるような場所ではありません。


ということで、その晩遅くに猫ボラさん全面協力を得て捕獲機を仕掛け、無事に保護。
空腹と猫じゃらしには勝てなかったようです。
合計8時間に及ぶ大捕物帳となりました・笑

それがこの子 ↓ (退院後です)
20130831 009.JPG
ここどこ?・・・
 


20130831 010.JPG
あなたはえっとぉ・・・?






作業員の方のお話だと、どうやら4-5日あの植え込みにいたようです。
夜になるとちょろっと出てきて、建設現場の作業員の方からおすそ分けをもらったり、虫などを捕まえて食べていたようです。
保護した最初の晩は猫ボラさんが色々処置してくれたのですが、ひどい下痢で変な葉っぱやら正体不明のものが色々混じっていたそうです。



不安で恐くて腹ペコの数日を一匹で(途中でひとりになっちゃったのかも知れないけど)よくがんばりました。






banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。














 

posted by のらのら at 16:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 観察日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする