2016年09月10日

ごめんなさい

海水魚水槽、この2つになってもう何年になるのかな。



20160910 004.JPG


首都直下型地震の恐怖もあるし、いずれ水槽は終わりにしようと思っているのだけど・・・
けどね、魚だって結構長生きしてくれるものですから、生きていてくれるうちはこのままいくわけです。

だんだん生体の少ないさみしい水槽になるけど追加はせずにそのまま、そのまま。
はじめは4センチくらいだった幼魚が大きくなって、今ではこんな60×45×45の水槽じゃ狭すぎて可哀想。
この子らは、もう10年になるかなあ・・・


今日は水替えをしました。
合計90リットルくらい、腰がね・・・腰が・・・うっひーなんですよ。


がんばれ!母ちゃん!






banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。








posted by のらのら at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

プテラポゴン・カウデルニィー(ピンボケ)

 

我が家の海水魚水槽は、現在60×45×45のオーバフローが2つあります。
一時は上部濾過水槽も合わせて4つあったので、少しずつ縮小傾向です。


東日本大震災の後、話によると水槽が倒れたり濾過槽に入れてあるヒータから出火したりする事故もあったそうで、我が家でも水槽の存続自体ずっと迷ってきたまま今日に至っています。
でも、現に今生きている魚たちには(ハギやヤッコは7-8年と案外長生きしてくれます)愛情もあるし、せめてこの室内環境での寿命を全うしてもらいたいしで、殺風景な水槽ですが続けています。


その水槽の1つに「アマノガワテンジクダイ」が3匹暮らしています。
正式名称は「プテラポゴン・カウデルニィー」。
インドネシアの海にだけ生息するテンジクダイの仲間です。

↓ Webより
Pterapogon kauderni.jpg






そのうち2匹はペアーになり卵をもちました。

20130719 084.JPG
右が雌、左が雄






彼等は口内保育、つまりマウスブリーダー(親魚が受精卵を孵化するまで口にくわえて保護する)です。
卵の保護は雄の役目で、孵化までの間は雄は何も口にしないのだそうです。

20130719 088.JPG
口の中に卵がいっぱい






 

20130719 102.JPG







このまま卵が充実し稚魚が生まれても他の魚に食べられてしまうか、濾過槽に吸い込まれてしまうか・・・
残念ながら、ナチュラルシステムでない今の我が家の環境では繁殖は難しいです。
(「ナチュラルシステム」とは専用の濾過槽を設置せず、ライブロックと底砂で硝化濾過 と嫌気濾過を行うシステムです。)

今いるハギやヤッコたちがいなくなったら水槽はおしまいにする・・・予定です。
私のいない時に大地震でも来て、水槽が割れたり倒れたりした時のことを想像するとまさに恐怖です。
250リットル以上の海水が流れ出るわけですから猫たちのことも心配です。
でもそのくせ、まったく逆の新たな夢もあったりして、自分でもまだわかりません。

理想は「〇×△☆◇」と「△☆〇×」の2つなんですけどね〜






banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。












posted by のらのら at 14:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

変身中!

小さかったウズマキは少しずつ貫禄が出てきて、体高はナンヨウハギより大きくなってきた。

黄色の短いラインがあっちこっちにくっきり!徐々につながっていくよ

顔もこんなに白くなった (・∀・)b

ナムカの観察日記-uzukin
大人への階段を〜 音譜


1月はまだこんな可愛いウズマキだったのにね〜 ニコニコ

ナムカの観察日記-uzumaki2




posted by のらのら at 09:52 | Comment(1) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

目指せ!ウズキン

殺菌灯もやっと数日前に交換し(さぼってた)、水も段々澄んできている。

ウズマキ(タテジマキンチャクダイの幼魚)はぐんぐん成長、顔の先から尾鰭の先まで12センチくらいかな?

夏で1年だね。

さすがヤッコ、自分より身体の大きい魚も一目置いているって感じで小さい頃から余裕、いじめられたりしない。

強く大きくなる素質十分!動きはゆったりで恥ずかしがりや べーっだ!

ナムカの観察日記-uzumaki201005
照れるな。。。


ナムカの観察日記-uzumaki201005_2
エンペラーフィッシュって呼ばれるくらいだからね。。。

白いウズマキラインの中に少しずつ出てきた黄色の点々が少しずつつながっきている。これが美しい黄色の縦縞になるわけよ!(見た目は横縞だけど実際は身体を縦にして見るのである)

可愛い口のあたりも段々白くなってきた。

ウズマキ→ウズキン→タテジマキンチャクダイ と呼び方も変わっていきます。

いやいやホント、ヤッコってのは成長が楽しみだよね〜


いつかはこんな風に・・・ドキドキ

ナムカの観察日記-tatekin_Indian-Ocean
(図鑑より)

きっと君は尾鰭の丸いインド洋からやってきた子だね、大きくなってね〜 (≡^∇^≡)





posted by のらのら at 19:05 | Comment(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

水槽が黄色い

ゴールデンウィーク頃からウズマキの入っている水槽がだんだん黄色くなってきた。

ナムカの観察日記-kiiro suisou
うわっ!右側、黄色〜あせる


あんまり気にしていなかったのだけど、チェックしたらあれまっ!

紫外線殺菌灯の殺菌ランプが切れていた。

夏に入れて9ヶ月ほど、ランプの寿命と思われるので交換しないとな。

おとなり水槽はまだがんばっているけど、同じときに入れたんだからこっちもぼちぼちってことだな・・・

2つ替えないと。。。 (;^_^A

ナムカの観察日記-kiiro minamigonbe
しっかりしてよね〜むかっ


ウズマキくんも少しずつ模様が変化してきつつある。

顔の一部が白くなり黄色いラインになるであろうポチポチが出てきた。嬉しい〜 チョキ

黄色い水の中で「早くしてね!」と言ってるようだから早々に注文するとしよう。


魚たちはじっとしてくれません、ああ、ぼけぼけ写真ばっかし。

ナムカの観察日記-kiiro uzumaki
ほっぺがちょっとだけ白くなったよ
 
ナムカの観察日記-kiiro uzumaki2
少し黄色の点々が出てきて横縞になる準備中〜


毎度お世話になっている「シェルフィッシュ 」さんに電話しないと!





posted by のらのら at 18:34 | Comment(0) | アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする