2016年08月19日

ほんとは行きたくないんだ

レンくんは一昨年、尿路形成術の手術を受けました。


20160813 058.JPG
けっこうきつかった・・・





雄猫の仕様を雌猫と同じにし、尿道を太くするというものです。
要するに、切っちゃうんですね。

尿道閉塞は処置が遅れれば腎臓にダメージが生じ、場合によっては生命にかかわる重大な危険があるため、十分考えた末でのことでした。
数日入院しましたが、面会に行くとそれはそれは痛々しくウォーウォー泣いていました。
相当の痛みがあったのだと思います。
それを乗り越え、現在のレンくんがいます。


20160813 056.JPG
えへへへ
エライでしょ (・v・)





膀胱しぼりの方法を病院に通って教えてもらい、今は朝、夕、夜中とおしっこシートの上でしぼります。
ただ、レンくんは巨大結腸症でもあり自分でふんばってうんちを出すことができません。
そのため腸内にたくさんうんちがたまってきて、狭い骨盤のところに大きな糞塊が留まってしまうと、尿道が圧迫されおしっこも出にくくなってしまいます。
うんちもおうちで出せるものは出しているのですが、やはり少しずつたまってくるので定期的な病院での摘便処置が欠かせません。

先日、立ち会わせてもらいましたが、レンくんにとっては摘便も大変な我慢が必要。
体位を保定している看護士さんが「がんばってレンちゃん、がんばって!」と声をかけて励ましてくれていました。

現在は毎週末行くようにしているのですが、本人は行きたくないのでキャリーを出すとこそこそ逃げ出します。
行きたくないよね、やっぱり・・・
でも心を鬼にして
行けばお腹もすっきりするんだからがんばろう。



20160813 059.JPG
ほんとは行きたくないんだ
でも、がんばる・・・



レンくんと私はくさい仲。

今ではおしっこの濃い薄い、さらさらドロドロもわかるようになりました。
今朝はうんちも5つ出ました。





banner.gif




ぽちっとよろしくお願いします。











posted by のらのら at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 続・がんばるレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする